目黒の学童利用中に習い事に行かせられるか

子供に習い事をさせる場合があります。塾や習字、そろばん、そのほかいろいろな習い事があります。通常はいったん学校から自宅に帰ってからそれらの習い事に向かうことになります。習い事の時間はそれぞれで異なります。数時間のこともあれば30分程度のこともあります。目黒の学童を利用しているとき、途中に習い事に行かせることができるかです。3時ぐらいから6時ぐらいまで保育してもらうことができます。4時から5時まで抜け出してそろばんなどに行くことができるかです。保育中の外出はできないようになっています。習い事があるならその日の利用はできません。直接家に帰って習い事に行き、習い事から自宅に帰宅することになります。習い事に限らず保育中は外に出ることができないようになっています。途中で誰もが抜け出るような状態だと管理することが難しくなるからでしょう。

障害がある子供の目黒の学童利用の条件

生まれてきたときから障害があるとき、のちの生活で病気などをきっかけとして障害が残る場合があります。障害にはそれぞれ等級が決められ、それによって補助を受けることができたり、年金を受けられる場合もあります。子供に障害が出てくることもあります。目黒の学童では障害を持っている子供でも入所できるようになっています。しかし多くの子供が利用する以上特別に扱えない部分もあります。そのことから一定の条件が求められています。通所をするときに自力で行き来をすることができなくてはいけません。また集団生活をきちんと行うことができる必要もあります。自宅では特に問題なく生活ができていても、学校など集団の場に行くとなかなかうまく振舞えない場合があるかもしれません。こうなると利用できない場合もあります。子供の様子を理解して入所するかどうかを決めます。

障害があるときの目黒の学童の利用延長

小学校は6年まであります。1年生の時に入学した時と6年で卒業するときには大きく変化しているでしょう。見た目が変わっているのはもちろん、勉強の能力、体力、そして社会的な能力もついています。6年を卒業するぐらいなら一定の家事などもできる人もいます。しかし障害を持っている子供の場合はその他の子供と同じように生活できないこともあります。生活能力が劣る場合があり、小学校4年生でも親としては一人で留守番をさせるのに不安を感じることがあります。目黒の学童では一定の配慮をしてもらえます。通常は1年生から6年生までの利用になっていますが、障害を持っている場合に条件によっては6年生まで利用することができます。ですから両親は不安なく預けることができ、仕事などに専念することができます。治療費などがかかることもありできるだけ負担を減らしたいと考えているでしょう。